【ビジネスで使える統計講座 講座概要】

本セミナーは統計データを活用する手法や考え方を学び、実践演習をこなすことで、ビジネスの現場で統計データを効果的に活用できるビジネスパーソンをめざすことを目的としています。

[1] データを読む
統計データは眺めているだけでは単なる数字の羅列にすぎません。統計データをきちんと読み取るには「数値」と「ばらつき」の2 つに着目し、「平均値」「中央値」「標準偏差」などの基本統計量を読み取る必要があるのです。

[2] 情報を伝える
情報統計データから得た情報はビジネスに活用できて初めて意味を持ちます。しかし、統計情報を数値のまま伝えても意図した内容が伝わらないことが多いです。情報を効果的に伝えるためには図表やグラフを適切に活用することが必須です

[3] よく使う分析
統計データを正しく分析するには、知りたい内容に合わせて適切な分析手法を選ぶ必要があります。分析手法は数多く存在しますがデータ分析の専門家でもない限り、通常の業務で使用する分析手法はそれほど多くありません。
本コースでは通常の業務でもよく使われる分析手法である「相関」と「単回帰分析」の活用方法について学びます。

[4] 実践演習
[1]~[3]で身につけた知識・手法を、実際のビジネスデータに活用し、統計データを処理するポイントをつかみます。

【ビジネスで使える統計講座 サンプル講座】

【無料ユーザー登録で教材を試してみる】

ビジネスで使える統計講座

【講師 近藤恵介 プロフィール】

公益財団法人 日本数学検定協会 企画開発部チーフ
東京工業大学大学院生命理工学研究科修了後、予備校講師などを経て現職。
数学と社会の関わりについて研究し、「ビジネス数学」という新しいジャンルを開拓。
「ビジネス数学」に関する講座や検定試験などの企画・運営を手がける。

【受講対象者】

・仕事で統計データを活用したい方
・Microsoft Excel を使って統計データを処理する基本を身につけたい方
・統計データを活用する場面のヒントが欲しい方

【価格】

3,240円(税込)

【目次】

学習ガイダンス
序章(1)
序章(2)

1章 データを読み取る
データを読みとる(1)~概要~
データを読みとる(2)~平均値~
~練習①~
データを読みとる(3)~中央値~
~練習②~
データを読みとる(4)~最頻値~
~練習③~
データを読み取る(5)~代表値のまとめ~
データを読みとる(6) ~最大値最小値~
~練習④~
データを読みとる(7)~標準偏差~
~練習⑤~
データを読み取る(8)~基本統計量のまとめ~

2章 情報を伝える
情報を伝える(1)~概要~
情報を伝える(2)~棒グラフ~
~練習⑥~
情報を伝える(3)~折れ線グラフ~
~練習⑦~
情報を伝える(4)~円グラフ~
~練習⑧~
情報を伝える(5)~ヒストグラム~
~練習⑨~
情報を伝える(6)~箱ひげ図~
~練習⑩~
情報を伝える(7)~まとめ~

3章 よく使う分析手法(1)~概要~
よく使う分析手法(1)~概要~
よく使う分析手法(2)~相関・散布図~
~練習⑪~
よく使う分析手法(3)~相関係数~
~練習⑫~
よく使う分析手法(4)~単回帰分析~
~練習⑬~
よく使う分析手法(5)~まとめ~

4章 実践演習
実践演習(1)~演習上の注意~
実践演習課題①
実践演習課題②
実践演習課題③
実践演習課題④
実践演習課題⑤

5章 まとめ
まとめ

【講座収録時間】

約210分

【受講可能期間】

365日間

ご購入手続きの流れ

  • ユーザ登録がお済みの方は、下記の購入ボタンをクリック後、お支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

  • はじめての方はご購入方法をご覧ください。

  • ビジネスで使える統計講座 365日間 3,240円(税込)
    【今すぐ購入する】

    学習をスタートする

    1 下記ログインフォームより、無料体験、購入手続きの際に使用した、ID、パスワードでログインします。
    2 購入済みの各講座をクリックして学習をスタートしてください。

    撮影したパンダスタジオ

    パンダスタジオ本店(秋葉原)