ニュース&トピックス

「プレゼンで相手を引き付けるには?」~数字を使う

こんにちは、キバンインターナショナル女子部の小林です。

「プレゼン」をするときに、相手が注目してくれるような内容にしたい!!
そんなときの、効果的な方法です。

説得力のある「内容」にするためには、「上手に数字を使って説明する」

プレゼンを説得力ある内容にするために、

「上手に数字を使って説明する」ということは、とても効果的です。

例えば、以下の動画を見てください。(※「数字で伝える技術」講座 より)

もし、Amazonの社長だったら
「amazonは表示速度の維持に命を懸けている」ことを、従業員に伝えるときに、どんな表現で伝えるとよいか?
みなさんは、どのように考えますか?

例えば、
・私たちは、表示速度の維持に命を懸けているんだ!!
といった、感情に訴えかける方法にしますか?

相手を納得させるためにはこんな方法がありました。

「amazonは表示速度が0.1秒遅くなると、売上が1%ダウンする」

この、「amazonの社長だったら」の例を見ても思いましたが、相手に自分の想いを伝えるときに数字を使うと、相手も納得しやすいですね。
そのためにも、自分自身が数字についてよく知っておく必要があるでしょう。

もうひとつ、数字を上手に使う例を見てみましょう。

「数字を使って報告しても、だから何?」
と言われないために、数字を使った上手なプレゼンの仕方があります。

(※以下、「ビジネス数学入門」講座 http://bm.elearning.co.jp/?page_id=125 より引用。)

—————————————————————–
データとは
数字の羅列

だから何?としか思わない

情報とは
意思決定に使えるもの

相手が知りたいのはデータではなく情報!!

—————————————————————–
データがあっても、実際どのように使えるのか。自分なりに考察していくことが必要という事です。

そのために、どのようにデータを紐解いていくのか。
その方法のひとつとして、代表値というものがあります。
・平均値
・中央値
・最頻値
それぞれ、excelを使った値の出し方が講座で学びましたが、とても簡単でした。

数字を使って伝えることが上手になれば、人の気持ちを動かす事が上手になります。
ぜひ、この手法を取り入れて、プレゼン上手なビジネスパーソンに。

以下の講座で、ビジネスに数字を簡単に取り入れていく方法が、学べます。隙間時間にスマホでも。どうぞご参考ください。

eラーニング「数字で伝える技術」

数字で伝える技術 365日間パック 3,240円(税込)

講座詳細ページ


http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/971/438/

ビジネスで使う数学「ビジネス数学」専用サイト
http://bm.elearning.co.jp/?page_id=129

【受講対象者】
・人に情報を伝えることに苦手意識のある方
・より効果的な情報の伝え方を知りたい方

eラーニング「ビジネス数学入門」


http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/909/403/

ビジネスで使う数学「ビジネス数学」専用サイト
http://bm.elearning.co.jp/?page_id=125

【受講対象者】
・数字に対して苦手意識のある方
・新入社員、および、入社3年目程度の若手社員
・大学生、短大生、専門学校生、高校生
・数学的な考え方の使いどころを知りたい方

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:kobayashiseira